アドセンス

アドセンス審査時間と合格基準は?素人の私が即日合格した理由を分析※追記あり

  • 審査期間ってどれくらい?
  • 合格する基準ってなに?
  • 申請前後でやっておくことは?

このような疑問に答えます。

私は2019年3月28日にはじめてGoogleアドセンス審査に合格しました。

その後3ヶ月間で2サイト追加。現在は合計3サイトでアドセンスを取得しています。※この記事を公開したあと新たに合格したため現在は4サイトで取得中(詳細は追記欄にて)

アドセンスについては調べまくったので、私と同じように情報を知りたい人はいるはず。合格時の状態を含めて紹介いたします。

アドセンス審査時間と合格基準は?

その審査基準は諸説あるため、正直なところ読めません。

「これだ!」と言い切ることはできませんが、私が合格した3サイト+現在申請中の1サイトで傾向を比較いたします。

アドセンスの審査期間について

アドセンスの審査期間は早ければ即日、遅いと2~3週間かかってしまうことはザラです。

サイトA 申請後18時間で合格
サイトB 申請後2週間で合格
サイトC 申請後8時間で合格
サイトD 申請後10時間経過 ※申請中→2週間で合格(詳細は追記欄にて)

じつはこの中で断トツに自信があったのがサイトBでした。※自信の理由は後述
しかしながら即日合格できたサイトA・Cと比べて、サイトBは圧倒的に時間がかかっています。

このように同じ運営者が同じ手順で申請しても大きく差が出るのがアドセンスのこわいところ。つぎに審査合格時の記事数と内容をご覧ください。

合格時の記事数と内容について

記事数については大差ありませんが(すべて4記事~10記事未満)、サイト内容は異なります。私の場合はレビュー記事を含んでいたほうが即日合格しやすいという結果になりました。

合格時の記事数は下記。

サイトA 4記事(すべてレビュー記事)
サイトB 7記事前後(ブログ運営ノウハウ)
サイトC 4記事(レビュー記事含む)
サイトD 4記事(レビュー記事含む)※申請中→5記事で合格

いまご覧いただいているこのブログが、サイトBです。

Googleは読者の悩みや問題を解決する記事を好む傾向にあるため、ノウハウ系は有利ではないかと考えていました。だからこそ早く合格できる自信があったのです。

ところが、即日合格したのはレビュー記事を含んでいたサイトAとサイトC。

以上のことから、私のような素人は手順を説明するノウハウ系よりも自分の感想を伝えたほうが多様性を求めるGoogleの合否判定にマッチしやすいのではないかと推測します

合格する基準について(推測)

私のような素人は、手順を説明するノウハウ系よりも自分の感想を伝えたほうが合格しやすい。

なぜなら「カップラーメンの作り方」という手順記事(お湯を入れて待つなど)を書くよりも「カップラーメンのここが好き」というレビュー記事(好きな理由など)のほうがオリジナリティを出しやすいからです。

これが、カップラーメン開発者などで下記のような専門知識を持った人なら別。

  • お湯の入れ方ひとつで味が変わる
  • お湯の温度は○○℃が最適な理由
  • 麺の構造に絡めた雑学など

専門的に問題を解決できる人はそっちのほうがいい。あとは、専門知識はなくても奇抜な体験談を持っていたり。

でもそうじゃなくて「お湯をかけて3分待つ」というような、だれにでも書ける手順記事になってしまうならば、レビュー記事で独自の意見を書いたほうがよっぽどオリジナリティが出しやすいということ。

素人の私がアドセンスに即日合格できた理由はそこにあるのではないかと推測します。手順よりも使用感を意識した記事にするといいかもしれません

合格に必要なPV数について

PV数については、合否に直結していないと思います。

私は過去3年間ほど別のブログ(絵日記ブログ)を運営していました。
加えてライブドアブログの公式ブロガーだったこともあるため「既存の読者がいたから審査が優先されたのでは?」と思われることもあります。

しかしながら、アドセンス申請時は対象のブログを公開していなかったので1日の訪問者数は1~2くらい。

そのためPV数は関係ないといえるでしょう。

申請前後でやっておくこと

申請前にやったこと

アドセンス申請前に下記は済ませたほうがいいと思います。

  • HTTPS化(SSL化)
  • プロフィール設置
  • メニュー設置
  • プライバシーポリシー設置
  • お問い合わせ設置
  • SNS連動
  • Googleアナリティクス登録
  • Googleサーチコンソール登録

1サイト目ではアドセンスに即日合格しているものの、上記のリサーチにめちゃめちゃ時間がかかりました。特にサーチコンソールなどの登録・連携が発狂レベルで難しく、リサーチ中ちょっと泣いてます(すぐ泣く)。

その代わり収入の柱が増えたので、泣いた甲斐もあるってもんよ。

申請後にやったこと

申請に2週間ほどかかったこのサイトは、申請中も更新をしていました。

しかしながら毎日更新することはできず、なんなら最後の1週間は完全放置してしまう怠慢。「更新しないとやばい」と思いながらも日々の雑務に追われてしまいました(言い訳です、すみません)。

そんな中でも合格することができたので、結果待ちの人も希望は捨てないでください。

とはいえ、定期的に更新することに越したことはないと思います。私の場合は尻を叩かれないとすぐ怠慢してしまうため申請中の緊張感を常に持つべきですよね。

結果を待っている間はマジでもどかしいですが、アドセンスは落ちても再度挑戦できるので大丈夫。私もいま現在サイトDを申請しているため、結果が出たら報告いたします。

2019年7月9日追記

4サイト目も合格

上記内容を公開してから2週間後に4サイト目(サイトD)もアドセンスに合格しました。

合格時の状態は下記です。

  サイトD
申請日 2019年6月24日
合格日 2019年7月9日
記事数 5記事(レビュー記事含む)

サイトDは審査に2週間ほどかかりました。

【結論】
レビュー記事でも時間がかかるときはかかる!!

先述した内容を覆す結果になってしまって、すみません。しかしながら「合格のしやすさ」という点ではやっぱりレビュー記事は向いている気がします。

全記事レビューにする必要はないですが、ほどよく取り入れることでオリジナリティが出やすいかもしれません。参考になれば幸いです。

【朗報】
アドセンスに落ちても、アフィリエイトで確実に収益を得る方法についてはこちらから。サイトがあるなら初期費用だけでも回収しましょう。※実際に試しました

ABOUT ME
柳本マリエ
柳本マリエ
元ライブドアブログ公式ブロガー(返上済み)。現在はワードプレスで複数のブログを運営しています。なんだかんだブログが好き。